試験管

代替物質に関する広州海

日本の製造メーカーは、ROHS指令に加えられるフタル酸エステルの問題に奔走しています。フタル酸エステルは、塩ビ製品の可塑剤として、7割以上も使われています。各製造メーカーでは、製品、部品のスクリーニング検査を行い、代替品の導入を目指しています。

スポイド

EUのバラが完全開花する

EUで発令されたROHS指令は、電気・電子機器の有害物質を削減する内容となっています。これまで、鉛や水銀など6物質が規制に対象となりましたが、2019ねんからは、フタル酸エステルの4物質が加わります。この物質は、国内では塩ビ製品の可塑剤として使われるため、代替品輸入を進める動きがあります。

女性

化学物質を規制

ROHS指令とは、EUから出された化学物質の規制に関する指令です。近年フタル酸エステルという物質も追加されました。いずれも人体や環境に悪影響を及ぼす恐れがある物質です。分析するサービスもあり、費用はフタル酸エステル以外だと5千円程度、含むと2〜3万円程度が相場です。

フラスコ

EUの情報をどこで得るか

EUで施工されたROHS指令が、国内企業に大きな影響を与えています。ROHS指令は、EUの上市する機械製品全般に、有害物質の禁止を義務付けています。2019年からは、これまで禁止された6物質に、フタル酸エステル4物質が加わります。移行期の現在、コンサルタントを利用して情報収集を行う所が増えています。

顕微鏡

有害物質規制の重要性とは

改正ROHSでは、2019年7月から新たに4種類のフタル酸エステルが規制の対象に加えられることになりました。最近では、フタル酸エステルの人体への内分泌攪乱作用が懸念されているため、正確性の高い分析ができる専門業者にROHS分析を依頼する必要があります。

EUの規制が日本に影響

顕微鏡

新たな規制物質

有害物質に関する国の規制は、年を追うごとに強まる傾向があります。有害物質の規制は、食品衛生法によるものだけではなく、土壌汚染や海洋汚染などを含む環境面に配慮した条例や法律も新たに生み出しています。そのような規則の多くが、日本の企業活動に大きな影響を与えています。更に、企業にとって頭の痛い問題は、国内法だけに留まりません。最近では、ROHSというEUで発令された指令が、国内産業の姿勢を変化させています。ROHSとは、電子機器に使用される有害物質の削減を定めた指令のことです。ROHS指令では、鉛やカドミウムを初めとした6物質が規制されています。しかし、2019年7月より、さらにフタル酸エステル4物質が新たにROHS指令に加えられることが決まっています。フタル酸エステルは、塩ビ製品の可塑剤として幅広く利用されています。日本の電子機器メーカーでは、現在、フタル酸エステルについても分析が進められています。フタル酸エステルのスクリーニング検査は、各都道府県の環境保全財団や化学薬品メーカーのケミカルラボが請け負っています。メーカーによっては、簡易分析でフタル酸エステルの含有を検査できる装置も開発されています。ただ、検査の精度については、若干の差異が生じているのも事実です。フタル酸エステル分析は、できるだけ精度の高いとされる機関に依頼することが賢明と言えます。また、検査証明書が必要となる場合には、権威がある公的機関に依頼する方が得策と言えましょう。