有害物質規制の重要性とは

顕微鏡

最新の有害物質検査法とは

ROHSとは、コンピューターや家電製品等の電気製品に有害な化学物質の使用を禁止する指令で、鉛、六価クロム、水銀、カドミウム、ポリ臭化ビフェニール、ポリ臭化ジフェニルエーテルの6物質が規制の対象となっています。尚、ROHSは、EU内で適用されて、EUへの輸出製品も規制の対象となります。更に、改正ROHSでは、2019年7月から、絶縁被覆材や電気絶縁テープ等に使用されている4種類のフタル酸エステルが新たに規制の対象に加えられます。具体的には、DEHP、BBP、DBP、DIBPの4物質が該当しますが、この中には、現在でも日本国内で使用され続けている物質が含まれています。その為、各企業では、改正ROHSへの対応を早急に行う必要があります。含有物質検査サービスを提供している業者では、これまでのROHSに対応した検査の他に、改正ROHSに対応した検査サービスを新たに提供し始めています。フタル酸エステルは、主にポリ塩化ビニルの可塑剤として使用されていますが、最近では、フタル酸エステルの人体への内分泌攪乱作用が懸念されていることから、改正ROHSの他にも、フタル酸エステルに関する規制が施行されています。その為、検査には、非常に高い正確性が要求されます。また、フタル酸エステル類検査装置の中には、生産現場で直接利用可能なものがあり、その場で検査結果を確認出来ることから、迅速性や効率性を高められたり、費用面の軽減に繋げられたりします。