EUのバラが完全開花する

スポイド

代替品の供給のために

今、一部の中小零細企業の間で、EUのバラが完全に開花するまで時間がないという言葉が囁かれています。バラというのは、EU連合が発令したROHS指令の事です。ROHS指令は、電気・電子機器類に使用される有害物質を削減する内容となっています。発音がローズであるため、バラの花に例えているのです。それでは、バラが完全に開花するとはどのような意味でしょうか。ROHS指令では、既に鉛や水銀を含む6物質が規制されています。その動きは日本でも始まっています。しかし、2019年7月からは、これにフタル酸エステルの4物質が加えられるのです。バラの完全開花とは、フタル酸への規制が始まることを比喩しています。フタル酸エステルは、プラスチックや塩ビ製品の可塑剤として広く利用されています。EU向けの市場を持つ会社には大打撃となります。2019年を目の前にして、脱フタル酸は時間の問題です。とても間に合わないという悲鳴も聞こえてきます。今まで使われていた可塑剤を代替品にするためには、大変な手間と時間がかかります。そこで、既にROHS指令を順守している国の製品や部品を手に入れる方向も考案されました。幾つかの企業が提携して調査会社を立ち上げたりして、脱フタル酸製品を入手する糸口にしようという動きもあります。脱フタル酸を謳っている製品についても、その耐久性をテストする時間は必要です。しかしながら、新たな研究開発を行う時間と労力は、大幅に削減されます。脱フタル酸の動きは、今後、このような方向で進められると推測されます。